生徒と先生

個別指導ができる塾なら|医学部受験も有利に進められる

定番の試験

婦人

高校入試において面接試験を課されることは多く、学校で行う練習だけでは不足をするために塾で対策を行う人も多くいます。ただし、学校や試験の受け方によって面接のやり方が大きく異なるために事前に確認をする必要があります。

詳しく読む

受験方法の1つ

文房具

推薦入試は高校や大学に進学するときの入試方法の1つです。受験教科が少なくなるなど、受験生にとってメリットがあるために利用する人が多くいます。ただし、学校長の推薦が必要になるため学校の推薦基準を満たさないと受ける権利がなくなります。

詳しく読む

合格するという意識

男女

大学別の対策が必要

大学進学率が50%を超える時代となり、もはや、大卒ならば就職できるという時代ではなくなったことから、医学部人気が高まっています。今の日本では、専門知識や技術を持つことが重視されている傾向があり、高齢化、健康や美容ブームなど、医療に対するニーズはとどまるところを知りません。このような背景から、「たとえ浪人してでも医学部を受験したい」とする高校生が増えており、医学部に特化した受験予備校などが人気を集めています。国立大学はもちろん、私立大学の医学部も倍率は高まる一方で、偏差値を上げるとともに、各大学別の受験対策を行うことが重要となっています。したがって、早い段階から志望校を絞り込むことが重要で、そのうえで、過去問を解いてみるといった対応が求められます。

可能な限り塾を活用

医学部受験を突破することは簡単なことではありませんから、効率よく学習することが重要なポイントとなります。苦手な分野は個別指導で対策し、そのうえで目標大学の過去問を研究し、出題傾向を調べるなどのことは、塾に任せることが理想的と言えるでしょう。また、ご自身で学習スケジュールを立てることも大切ですが、これも時間がかかるため、塾に任せると効率的です。個別指導を活用すると自分に合った指導法を受けられます。さらに、塾を活用すると、ご自身が医学部合格に向けて足りない部分が明確になるメリットもあります。そして、ご自身の弱点を把握したら、その克服に役立つものは「何でも活用する」という意識と持ちましょう。例えば、先生の指導やアドバイス、いつでも使える自習室、過去問題集や参考書など、役立つものは時間がある限り有効活用し、弱点を克服に役立てましょう。

関連サイトを見る

  • 絶対に合格したいならココを選べ!個別指導の医学部予備校見極めサイト

    医学部の受験なら個別指導で対策を行なってみるといいでしょう。詳しい内容を調べておきたいと考えているならこちらを参考にしてみよう。

医師を目指す

ドクター

医師を目指すためには、大学の医学部に入学する必要がありますが、難易度が高いですから予備校に通うようにします。また、医学部を受験する人の多くが予備校を活用していますが、予備校では大学受験対策の授業を受けられるからです。

詳しく読む